加圧式スチームクリーナーの特徴

最近、スチームクリーナーを利用する家庭が増えてきているようですが、特に加圧式スチームクリーナーは便利で人気になっているようです。



サイトトップ > スチームクリーナーの基礎知識

スポンサードリンク

加圧式スチームクリーナーの特徴

スチームクリーナーの基礎知識


最近になってスチームクリーナーの広告も増えてきているように思います。その発端となっているかはわかりませんが、ドイツの高圧洗浄機のトップメーカーであるケルヒャーの製品あたりが日本でも認知されるようになったのが大きかったのかもしれません。


スチームクリーナーは、高温の蒸気の作用で汚れを浮かして除去するタイプの掃除用具となっていて、洗剤を使わなくてもOKなので、人にも環境にも優しい点が魅力でもあります。


その用途はかなり広く、台所のレンジ周りのような油っぽい場所をはじめ、床、窓、浴室、自動車のホイールやエンジンルーム、壁紙を剥す時などにも効果的です。


ケルヒャーの製品が有名ですが、ポイントはスチームの発生方式で、もともとこの点がスチームクリーナーの性能を左右していることになります。


基本的にスチームクリーナーには水を入れるタンクがあるのが共通点で、その中に入れた水が熱せられてスチーム(蒸気)となり、ホースの先からそれを噴射して汚れを落とすようになっていますが、発生方法には大きく2つ「ボイラー式」と「パネル式」があります。


これは用途によって選べばいいと思いますが、いずれにしても基本特性についてよく理解した上で、機種を選ぶようにした方がいいでしょう。


加圧式スチームクリーナーの特徴